概要

新・旧・人の融合

IT技術の進歩が著しい世の中において、 IT業界では常に最新のテクノロジーが注目を浴びてきました。

しかしながら、それら最新のテクノロジーの恩恵を有効活用出来る企業は一部に限られており、最新テクノロジーがあることを知りつつも旧来のテクノロジーに依存せざるを得ない企業も少なくありません。

そんなIT業界の現実に向き合い、ただ物珍しく目新しいものに飛びつくのではなく、現在の実情に甘んずるのでもなく、それらを両方を踏まえた上で、現在から一歩進んだ確実な価値を提供する。

それをお客様と寄り添い、お客様と一緒に考える。「新」「旧」「人」の融合を理念に活動しています。

代表

遠藤 太志郎(アリストマスター)

  • 1982年生まれ
  • 最終学歴:四年生大学工学部卒業
  • 保有資格:プロジェクトマネージャ、システムアーキテクト、データベーススペシャリスト、情報セキュリティスペシャリスト

2007年、大手IT企業にて保守開発に従事するところからエンジニアとしてのキャリアをスタート。

「ずっと昔からある大型システムの保守・改修」と「新規システムの構築」の両方を経験しながら、IT業界における現実の問題と向き合うようになりました。

AI、クラウド、スマホアプリ、HTML5など華々しい最新テクノロジーが注目を集める一方、依然として従来型の古いシステムに拘束され、身動きが取れないサービスというものも多数存在するという現実です。

『最新テクノロジーを採用した新しいサービスを提供したいが、現実としてそれが出来ない』

それが現実に存在するIT業界の悩みだと理解しています。

そこで私は「新しいテクノロジーに対する挑戦心」と「古いシステムの実情に対する理解」を持ち合わせ、現実に根ざして問題の解決していくことが自分の真の職責であると考え、アリストソリューションを起業するに至りました。

問題解決には、何よりお客様や現場のメンバーとマインドを一つにすることが何よりも必要不可欠です。お客様に寄り添い、お客様と共に問題を解決していく姿勢を貫きます。

職域としては、プレイングマネージャー、システムアーキテクトを最も得意としています。スキルとしては業務系基幹システム・業務系Webシステム・バックエンド処理を中心に従事しています。

私がお力になれそうなお話がありましたら、ぜひ一言、お声掛け下さい。

屋号の意味

現在は個人事業主ですが、3年以内の法人化を事業計画としているので、屋号「アリストソリューションズ」だけ先に決めさせて頂いております。

名前に採用している「ARISTO」とは、「お洒落」という意味です。別の言葉で置き換えれば「クール」が最も近いです。

とてつもなく壮大なシステムを作り上げるのではなく、ほんの少し便利でほんの少し快適な、利用者が嬉しくなる、そんなシステム作りをしていきたいと思って命名しました。

沿革

  • 2019年4月:創業

所在地

  • 神奈川県横浜市