システム改修

システム改修作業

アリストソリューションでは、「ゼロから新しいシステムを構築する」と「既存が存在しているシステムを改修する」は、全く違う仕事であると位置づけています。

現存する問題と向き合い、より適切な解決策をご提案します。

問題を伴うシステムへの対応案件

残念ながら、世の中の多くのシステムは以下のような深刻な問題を抱えている状況あると言わざるを得ません。

  • ソースの品質が悪く、改修が容易ではない。
  • 設計書が無く、仕様が不透明である。
  • 担当者の退職により、有識者が不在である。

これらの極めて困難な問題に正面から向き合い、一体どのように解決への道筋をつけていけば良いか、そのロードマップの整備から協力し、リスクマネージメントを重視した確実な解決策をご提案します。

デグレード、粒度を意識した改修作業

既存システムの改修という作業は、「新規に作成するソース」以上に「既存から存在している、今回手を触れないソース」に対する配慮が重要となります。

これを念頭に置かないで作業した場合、システムには著しい保守性の低下と、予期せぬ障害が発生します。

アリストソリューションズの改修作業では、まず「既存」というものがどうなっているのかを把握し、「既存と同じ思想・粒度」で修正作業を行うことで保守性を維持し、その修正への外部影響を配慮した上で高品質を達成します。